~しましょう!
Let's...
INTRODUCTION
誰かに、一緒に何かしようと提案したいときに使用するパターンです。

「遊びに行こう」、「買い物しに行こう」など、あらゆる場面で使えます。
キーフレーズ1
Come on, let’s go home.
さあ、家に帰ろう。
Usage
Let'sの後に動詞の原形を付けさえすれば「一緒に~しよう」、「~するのはどう?」という意味になります。
誰かに何かを一緒にしようと提案したいときに使える基本的なパターンです。
Tips
※例文中の「家に帰る」は"go home"で"to"は必要ありません。

ここで使われている"home"は副詞で「家に(で)」という意味になります。
そのため方向を表す"to"は必要ないのです。
キーフレーズ2
Oh, it’s really raining a lot today. Let’s just stay inside and watch TV.
あっ、今日は本当に雨がたくさん降てますね。そのまま室内にいて、テレビを見ましょう。
Usage
Let'sの後に動詞の原形を付けさえすれば「一緒に~しよう」、「~するのはどう?」という意味になります。
誰かに何かを一緒にしようと提案したいときに使える基本的なパターンです。
Tips
"Let's ..."は、"Why don’t we...?"と"How about we...?"と同じ意味になります。

Let’s just stay inside and watch TV.
= Why don’t we just stay inside and watch TV?
= How about we just stay inside and watch TV?
キーフレーズ3
Have you been to that new restaurant yet? Let’s go together.
あの新しくできた飲食店まだ行ったことないんですか? 一緒に行きましょう。
Usage
Let'sの後に動詞の原形を付けさえすれば「一緒に~しよう」、「~するのはどう?」という意味になります。
誰かに何かを一緒にしようと提案したいときに使える基本的なパターンです。
Tips
この例文自体は否定文ではないのですが、そのニュアンスが含まれるため、上記のような訳になっています。
文末の"yet"には、否定あるいは疑問文で使用される「まだ」の意味が含まれているため、「まだ行ったことないの?」という訳になるわけです。
BL BR
1/4

全部の単語のクイズに挑戦

単語集を確認