BeNative premiumの特徴

最新英語の
ビッグデータ

「使われている」英語を
キュレーション

シチュエーション別
コンテンツ

ネイティブ講師の
解説動画

スキマ時間を
有効活用

BeNative Premium とは?

BeNative Premium(読み:ビーネイティブ プレミアム)は、著書「イノベーションのジレンマ」などで知られるハーバードビジネススクールのクレイトン・クリステンセン教授をはじめ、ゼネラル・モーターズ、デルタ航空、ペプシ、3Mなどの米企業のCEOや経営陣などが、自らの会社や経営哲学について語るインタビュー映像や、あらゆるビジネスシーンでのシチュエーション映像を撮り溜めた、ビジネス英語に特化したデータベースを基に作成されている、英語学習サービスです。

TOEICなどのテスト英語ではなく、ビジネスの現場で活かせる英語力を身につけたいビジネスパーソン向けに最適化された、最も効率的な学習教材を主に動画で提供しています。

Biz Pro English

Biz Situation English

BeNative Premium コース構成

BeNativeは現在、
・約200の頻出フレーズやQ&AをまとめたBiz Pro English
・約100のビジネスで頻出の状況をまとめたBiz Situation Englishをご提供しております。

コース紹介

もっと見る

ビジネス英語を学習する前に日常会話において自分の考えや行動を英語で表現できるようになるためのカテゴリーです。自己紹介から感情の共有や表現まで、様々な構文を習得することにより、どのような状況においても自然な英語が話せるようになります。

  • 自己紹介する
  • 行動を表現する
  • リクエストをする
  • 意見を述べる
  • 要約する
  • 情報を追加する
  • 脱初級者フレーズ

公的なビジネスの場において様々なイディオムを使用することにより、自分の考えをより格式のある表現にすることができます。プロジェクトの進行状況から会社の目標紹介まで有用なビジネスの慣用語を学びます。

  • 基本会話編
  • 実践会話編

新規クライアントとの会議や多様な海外事業の現場で起こりうる質問や、質問に対する適切な回答を学ぶことのできるカテゴリーです。質問の意図を正確に把握し、戦略的に回答する方法を学習することにより、自社を紹介するうえでの企業文化、目標などについて自信を持って話せるようになります。

  • ビジネスシーンで必須のQ&Aシリーズ

英語での会議、プレゼンテーションの準備など多様なビジネスの現場で使われる生きた英語表現を学ぶことのできるカテゴリーです。様々なビジネスのシーンで使われる英語の表現を学習しながら、コミュニケーションスキルを向上させることができます。

  • 挨拶
  • 社内での雑談
  • デスク会話
  • ミーティングの流れ
  • 面接
  • 商品紹介
  • 別支社を訪問
  • 電話応対
  • チームメンバーとの食事
  • 電話応対
  • 予算のミーティング
  • プレゼンテーション

海外出張または海外旅行に行くことになった場合に起こり得る多様なシーンを想定し、学習するカテゴリーです。飛行機に乗る瞬間からホテルの予約、レストランでの注文など多様なシーンで実際に使われる英語を習得していきます。

  • ホテル
  • レストラン
  • ショッピング

アメリカ現地のビジネスパーソンに聞くインタビューから実際のビジネスの現場で使われる英語表現を学びます。生きた英語のインタビューを通して、会社紹介から会社の展望についての話までグローバル企業のビジネスパーソンたちが使う様々なビジネス英語表現を学びます。

  • シリコンバレー編
  • シリコンバレー編 Part 2
  • ニューヨーク編
  • その他編

ビジネス英語を活用する実践段階として、実際のグローバル企業でのプレゼンテーション、自己紹介、会社紹介などの動画からプレゼンテーションで実際に使われる有用な英語表現を学ぶことのできるカテゴリーです。プレゼンテーションの主題によって異なる表現やキーワードを学習し、効果的に内容を伝達できるよう学習します。

  • Clayton Christensen - Harvard Business School
BeNative Premium Content Partners
Edison Awards Nominee Seal
BeNativeが、 2015年のエジソン・アワードにノミネートされました。
1987年に設立されたエジソン・アワードは、 世界中の革新的な商品やサービスを毎年表彰している権威ある賞で、Google、P&G、Lenovo、Samsungと並びノミネートされています。
redherring 100winner BeNative
BeNativeは、世界で最も革新的なテクノロジーベンチャー企業として、米国RedHerring社の2014 Top 100 Global Winnerに選出されました。この賞は、世界を牽引し得るベンチャー企業の登竜門とも言われる名誉ある賞で、過去にはGoogle, Yahoo, Salesforce, YouTube, eBay, twitterなども受賞しております。
STRATUS AWARD
BeNative Premiumを運営するSMATOOSは、2015年7月23日に発表された「2015 Stratus Awards」にて、PaaS部門の受賞者に選ばれました。 BtoB、BtoC市場でのクラウドによる開発と普及を促進させるための革新的なアプローチが高く評価され、この賞を受賞しました。